今日も我が子と。

東海地方をメインとしたお出かけ情報や、グルメ、知育、防災など…子育てにまつわるアレコレ発信系ブログ。

2018年の十五夜は9月24日(月)!絵本「おつきみうさぎ」を読んで子どもとお月見を楽しもう

f:id:mantachang:20180910223035j:plain

9月に入り、だんだんと気候も落ち着いてきました。厳しい暑さの後の、更に厳しい残暑でしたがようやく気温が下がり始めましたね。さて、秋と言えばお月見。2018年の十五夜は9月24日の月曜日です!毎年この時期になると引っ張り出してきて、飾ったり(我が家では季節の絵本を2冊ずつ飾っています。)子ども達と読んで楽しんでいる絵本があります。今回はその絵本と、我が家のお月見の楽しみ方をご紹介します!

 

<目次>

 

f:id:mantachang:20180910230547p:plain

そもそも十五夜とは?

日本で月を愛でる習慣が始まったのは、古くは縄文時代からと言われています。名月を鑑賞する風習は中国では唐代の頃に始まり、それが平安時代に日本の貴族社会に伝わってきたそうです。その頃は今のように「供え物をする」という習慣はなく、ただ月を見、愛でながらお酒を飲んだり詩歌を楽しんだりする会だったそう。その後江戸時代中期にかけて、日本で行われていた里芋の収穫祭と融合しながら現在のような月見団子を供える形へと変化していったようです。(wikipedia参照)

 

そもそものルーツは、ただ「月を愛でる」というところから始まっているんですね。美しいものを見て心を踊らせる、楽しくなってお祝いしたくなる。今も昔も、人がそんな気持ちを持つことには変わりありませんね。

 

十五夜に読みたい「おつきみうさぎ」中川ひろたか作・村上康成絵

 

我が家ではお月見の時期になると必ずだしてくる絵本があります。それがコチラ、中川ひろたか作・村上康成絵の「おつきみうさぎ」です。

作者の中川ひろたかさんと言えば、「さつまのおいも」や、「おおきくなるっていうことは」「なんでやねん」など、数多くの絵本を手がけられています。話が逸れますが、「なんでやねん」は長男の園でも大人気で、園庭で遊んでいるときに別のママさんが自分の子に読んでいるとわらわらと子どもが集まり始め、爆笑の渦!!笑

 

村上康成さんも、有名な絵本作家さんですね。愛らしくデフォルメされた動物たちが特に印象的です。

 

お月見団子のレシピ付き!「おつきみうさぎ」は一冊で2度楽しめる

 

以下はおつきみうさぎのあらすじです (一部ネタバレあり)

 

ある日、お月見のすすきを探しに野原へやってきた園児たちと先生。彼らはそこで、きれいなうさぎを見つけます。一匹ふるえてたたずむうさぎを放っておけず、園児たちは幼稚園にそのうさぎをつれて帰ります。園長先生に報告し、お腹が空いているかもしれないうさぎに葉っぱやにんじんを与える子ども達ですが、うさぎは一向に食べません。そこで突如始まる、園長先生によるお月見クッキング(笑)子ども達は楽しげにお団子を作り、お団子を供えていよいよお月見の時間なのですが…。

 

続きはぜひ、絵本でお楽しみくださいね。

 

作中に出てくる園長先生は男性なのですが、風貌や優しげな喋り方などが息子達にはどことなくクレヨンしんちゃんの園長先生を思い起こさせるようで、読むたび「しんちゃんの園長先生だ」と喜んでいます。(違うんだけど笑)

 

さて、この絵本には前述した通り「おつきみクッキング」のページがあります。ただ、ものすごくザックリ書いてあるので、この絵本だけでは絶対に作れません。(笑)我が家はこの本を買った2年前は、あえてこの本に書いてある情報のみで作って見ましたが…ハードル高過ぎ!!!(笑)

 

コチラが2年前に試したもの。

f:id:mantachang:20180910223954j:plain

頑張って作って見ましたが、硬過ぎ、中心に火が通っていない、しょっぱい、と惨敗…。でも、「みみたぶくらいになったかな?」と粉を混ぜその触感を楽しみ、作中でも一緒にお供えされていた「さつまのおいも」と昔の風習を受け継いで里芋もお供え。まだ未就園児だった子ども達が支援センターで作ってくれた工作と一緒に飾り、味はともかく楽しい時間を過ごすことができました。

(でも、ぜひ作られる方はクックパッド等で分量を調べてからトライしてください笑)

 

f:id:mantachang:20180910235429j:plain

すすきも飾りました。

 

去年は役員をやっていたため運動会前で忙しく、市販のお団子ですませましたが…

f:id:mantachang:20180910223159j:plain

それでもやはり絵本を出して、読み、十五夜を楽しみました。ススキは義実家からの貰い物、花はスーパーの安物ですが、それでも「イベント感」がでますよね。

 

年中行事は思い出作りのいい機会

私はことさらに 「伝統を〜」とか「文化が〜」とか言うのはあまり好きではありません。ただ「面白いからする」「楽しいからする」それだけです。面白いことをして、子どもと笑いあっても楽しい時間を共有する。年中行事もそう思うとあまり腰の重いものではないのではないでしょうか?我が家もそうですが、忙しければ買ってきてそれっぽく乗せて見るだけでもいい、乗せなくたって食べればいい。何か美味しいものを食べたり、楽しむチャンスなのです。(そもそもお月見はただ月を愛でるのが目的ですしね)そんな風に、この記事が秋の一日を「今日も我が子と」楽しみ、幸せな時間が流れるキッカケになることを願っています。

 

うちは今年はちゃんとレシピを調べてリベンジしたいと思っています!!また上手く作れたらアップしますね笑 アップがなければ失敗ということで笑

 

改めてご紹介。「おつきみうさぎ」

 

お団子セットもありますよ!

[rakuten:niigata-kashikoubou:10000386:detail]

 

こんな可愛い置物や…

 

絵手ぬぐいを飾るのも手軽で素敵ですね。

 

うちはずっとこれが欲しいのですが…大きさに迷っています。。

 

うちの子は撮ったことがありません!!やって見たかった…

 

中川ひろたか作の、次男のお気に入り絵本

[rakuten:booxstore:11562772:detail]