今日も我が子と。

東海地方をメインとしたお出かけ情報や、グルメ、知育、防災など…子育てにまつわるアレコレ発信系ブログ。

味の決め手は○○!道産素材にこだわった「かわいや 窯焼ポテト」で子どもと探偵気取りながら北海道を応援!

f:id:mantachang:20180908145652j:plain

北海道地震、2018年9月8日現在は多くの地域で電気が戻ってきているようです。しかし今後計画停電が実施されるとのニュースも出ておりますので、まだしばらくは不自由が続きそうです。北海道の皆さんに早く安心が訪れますように…。

 

そんな中普段行かないスーパーで買い物をしていると「北海道フェア」が開催されていました。都会でも地震前から大手百貨店で実施されているようで、もうそんな時期なのですね。微力ながらも買って応援、拡めて応援ができればと思い「かわいや 窯焼ポテト」と「菊水 北の味めぐり 札幌味噌」を購入しました。この記事では、「かわいや 窯焼ポテト」をご紹介します!後ほど詳しく書きますが、特に道産素材にこだわったお子さんにも優しい・嬉しいスイーツです!

※おいしすぎて後半だいぶんテンションがおかしいですが、そっとしてやってください。

 

 防災について是非読んでほしい本があります。

www.kyomowagakoto.info

子ども用 避難バックを公開しています。

www.kyomowagakoto.info

 

クレヨンしんちゃんのうなぎ回見た子どもがうなぎを食べたがったので。

www.kyomowagakoto.info 

<目次>

 

過去にはローソンでも発売、毎回入荷即売り切れの「かわいや 窯焼ポテト」

 「かわいや 窯焼ポテト」は、北海道は札幌市にある「株式会社かわいや」さんが作られているスイートポテトです。

よくある手のひらサイズの1個ではなく、まるでさつま芋そのままのような大きなフォルムが特徴的。茨城県産の「紅あずま」を丸ごと230度のオーブンで2時間じっくり焼き上げ、くり抜いたお芋に北海道産のバターや生クリームにグラニュー糖、そして北海道を代表する「あるもの」が隠し味に入れられています。それをくり抜いた皮に戻して見た目も焼き芋そっくりの「窯焼ポテト」が完成です。

 

この商品、過去に何度かローソンでも限定店舗で販売されていたようです。毎回入荷即売り切れの大人気商品だったんだとか!

 

早速開封!あまりの大きさに思わず計測

早速開けて見ます。ジャン!!

f:id:mantachang:20180908154300j:plain

分かりづらいですねwそう言われると思いましたので計測しました笑

f:id:mantachang:20180908145645j:plain

幅:約15.5㎝。

f:id:mantachang:20180908145701j:plain

奥行(?w):約5㎝。…結局分かりにくですねw 

 

通常サイズのものが1個約50gくらいとすると、こちらは1本が210gなので、比較すると「窯焼ポテト」は通常サイズの4倍強の大きさですね。

 

温かな紅茶と… ジェントルに実食!

さてスイートポテトと言えば、「おしりたんてい」の好物。

 

(我が子の「おしりたんてい」好きはこちらからもご確認いただけます。)

www.kyomowagakoto.info

 テレビと同じことをしたがる子ども達の為に、温かな紅茶を用意して…

f:id:mantachang:20180908145710j:plain

探偵を気取りながら、ジェントルにいざ実食!!子どもの紅茶には氷を足してちょっとぬるく。

f:id:mantachang:20180908145721j:plain

 

とろける味わい!まとまりの良い甘さの秘密は○○!

 

f:id:mantachang:20180908160259j:plain

断面を見ると、3層構造になっているのが分かります。一番上がスイートポテト、真ん中はカスタードクリーム、一番下は焼き芋にして中身をくり抜いた後の「紅あずま」の皮です。

 

お味はというと…う〜ん!!とろける!!3つの異なった素材が口の中で溶け合い混ざり合い、し、幸せヘブン!!!スイートポテト部分の質感もコロコロしたサツマイモのかけらがあるのに全体には滑らかで、カスタードクリームは甘すぎず、そしておいも本来のねっとりしたコク…三位一体でうまさが襲いかかってきます!!これ1本でもいけそうだな!!今まで食べたスイートポテトの中でも、出会った事のないおいしさ。わたし実は甘い物があんまり得意ではなく、スイートポテト自体も独特のあの「もっさり感」が喉に詰まる感じがして苦手なのですが…これは美味しいわ〜〜。

 

でもなんだろう、この味わい。なんかちょっと奥の方に「ホックリ」したものを感じる…あとなんか「懐かしい」感じがする??食べているときは、乳製品の配合具合なのかな?と思いましたが、謎だったのでかわいやさんのHPを見てみたところなんと「北海道産のじゃがいも」が使用されていることが判明!!あぁぁ〜〜〜!!!あのどこか懐かしいような、普段食べなれてるような安心感、そしてあのホックリ感の正体は、じゃがいもだったのですね!!!

 

個人的な感想ですが、じゃがいもが混ぜられていることによって甘くなりすぎず、またサツマイモに感じがちな繊維質なもっさり感がじゃがいものクリーミーな食感と混ざることでより滑らかな舌触りへと変化させています。それがカスタードクリームと混ざり合いって滑らかヘブンを生み出し、その中に混じるあえて裏ごしされずに残ったサツマイモの食感との相乗効果で幸せヘブンを生み出しています。

 

温めて2度美味しい!レンチンでさらなるヘブンへ

冷たいまま頂いても十分すぎるほど美味しいのですが、なんとこちらレンジでチンして温めると更に美味しくなるのだとか。

 

切り分けた窯焼ポテトに、(我が家では)ラップをせずに約1分。取り出すとなんとも良い香り〜〜〜!!!嗅覚にダイレクトに「美味しいよ〜」と訴えかけてくる!!これだけでもヘブン増しですが、温かくなった事でさらに滑らかとネットリの相乗効果!!結論:超幸せヘブンマシマシでした。

 

子どもも喜ぶおやつで、震災を考えるキッカケに。

後半テンションが大分おかしくなり大変失礼致しました。ここからはちょっと真面目な事を。

 

子どもに「防災が」「被災地が」という話をしてもいまいちピンときてもらえませんよね。だからわたしは「子どもが楽しめる」、「身近な事」をキッカケに興味を持ち、そこから何かを感じてもらえたらなと思いました。今回は「おしりたんてい好き」な子どもたちと楽しく探偵を気取りながら、このオヤツが作られた北海道では大きな地震があって電気が止まったりしているんだって。ママのお友達も大変なんだ、という話を少しだけしました。(押し付けは嫌ですので、サラッと…)二学期にはいり避難訓練をしたばかりという事もあって、地震怖いね、大変だね、と言っていました。地震はいつでもどこでも起こるからきちんと備えておく事、地震が起こったらどうしたら良いか…そんな会話をしつつおやつを食べました。

 

まだそこから被災地の方へと思いを馳せることは難しい年齢ですが、この地震でこんな美味しいお菓子を作ってくれている人たちも大変な目にあっている。そんな「身近」な人へ思いやりをもてる子になっていってほしいと思いました。

 

食べて応援、拡めて応援。無力かもしれませんが、微力ずつ。被災地の応援をしていきたいと思います。

 

※情報収取に努めましたが、かわいやさんの被災状況が分かりませんでした。ご購入を希望される方も、もしかしたらすぐ手に入らないかもしれませんがそんな時は焦らず日を置いて注文して見てくださいね。被災地を思いたいと思います。

 

改めてご紹介。

 

1本から。

 

セットも。

 

あずき味も!

 

3味のセットもあります!